トップ画像

COPYLIGHT(C) Since 2006
AYATA HIDEKI. ALLRIGHTS RESERVED
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




  • 結果から姿勢を判定しよう
  • 猫背姿勢と肩こり頭痛
  • 腰つき出し姿勢は腰痛姿勢
  • 一番つらい胸つき出し姿勢
  • 統計データから姿勢を見る
  • 悪い姿勢の割合
  • 丸い背中・真っすぐな背中
  • 腰の反りと腰痛
  • 体の反りと症状
  • 悪い姿勢とバランス崩れ
  • 補足:統計データについて
  • 姿勢と腰痛(1)
  • 悪い姿勢共通の原型姿勢
  • ボディマップという理論

  • どうして姿勢は崩れるのか
  • 悪い姿勢は座り姿勢から始まる

姿勢を簡単に分析できる重心線

 まずは、重心線を自分の写真に引いてみましょう。 重心線とは「体の重さがもっともかかる部位」を表す簡易的な線です。引き方は簡単です。耳たぶからまっすぐ下に線を引くだけです。

  正しい姿勢だと、重心線は以下のような場所を通ります。
青線が重心線
 
耳たぶ→首の中点→お腹の中点→膝→くるぶし
 
 
 
女性・重心線
 
男性・重心線
 
耳たぶ
 ピアスをつける場所です。
首の中点
 胸側の首のつけねから背中側によこ線を引きます。その線の中心の場所です。
お腹の中点
 腰のもっともくびれた部分から、お腹側によこ線を引きます。その線の中央の場所です。腰にくびれがない人は、ズボンのベルト位置を目安によこ線を引きます。

 膝こぞうがある位置です。中央からやや前方を通ります。
くるぶし
 足首の骨が出ている部分です。中央からやや前方を通ります。
首の中点
お腹の中点

 重心線の通る位置は、ある程度個人差がありますから、基準とピッタリである必要はありません。「だいたい通っている」でオーケです(上の写真でも、少しズレがあります)。 大きいズレは姿勢が崩れている証拠となります。崩れている具体例を見ていきましょう。

お腹の中点のズレ
首の中点のズレ
膝→くるぶしのズレ
お腹の中点のズレ
 お腹の中点の後方を重心線が通っています。胸つき出し姿勢の特徴です。
首の中点のズレ
  首の中点の前方を重心線が通っています。 猫背姿勢に多い重心線のズレです。
膝→くるぶしのズレ
  膝→くるぶしの前方を重心線が通っています。それ以外は正しい位置を重心線が通っています。見つけにくい姿勢の崩れです。
<<前のコンテンツへ  次のコンテンツへ>>